草刈機・刈払機の修理 その2

 
2代目の草刈機。最近エンジンが調子悪い。何とか起動するものの、回転が上がらない。そしてすぐに止まってしまう。早速バラして様子を見た。キャブの詰まりは無く、電気系統も何とも無い。以前から、エンジン起動時に押すゴムの部分を押すとガソリンが飛び散っていたのが気になって調べてみた。このゴムの部分を、うちのばあさんは”プクプク”と言っているが、呼び名は「プライマポンプ」、「プライマリーポンプ」、「プライミングポンプ」と言うらしい。

 
これがその「プライマポンプ」。押すことによって、燃料をキャブに送ってくれるものだ。これを押さないとエンジンはかからない。

良く見たら、ゴムが割れていた。これではガソリンが回りに飛び散るし、空気を吸って燃料が順調に送られない。早速メーカーへ注文した。

「プラーマーポンプ」で注文しらところ、納品書の名称は「ネンリョウカン」と書いてある。                       

右が新品。商品単価は500円だ。古いポンプは右手の小指で簡単に押せるが、新しいポンプは硬くて小指で押すことはできない。

HOME