シングルレバー混合水栓のカートリッジ交換

11年使用したMOEN M7250。数ヶ月前ポツポツと漏水していたが、最近はジョロジョロだ。蛇口の他、本体付け根からも漏水するようになった。ついに我慢できなく、カートリッジを交換することとした。

交換部品。カートリッジの外側は透明のプラスチック。上の白いのは既設のカートリッジを緩めるために使用する。右の青いプラスチックは操作レバーを押さえている部品。左にあるのは、いつものタバコ。

取説通りにバラした。写真右から2番目のネジがちょっときつかったが何とか分解する事ができた。シングルレバー水栓はなぜ規格化されないのだろうか。ホームセンターで売っているものでも、内容は全てバラバラだ。混合栓は相当一般化していると思うが、各メーカーが独自の物の製作している。たかだか湯と水を混合するのに、メーカーは特色を出さなければならないのだろうか。

取り外したカートリッジ。中身をバラしてみた。特に変わった様子は無いが、金属棒の下側が擦れたような状態である。恐らくそこの水密が緩くなったんだろう。金属とプラスチックだからしょうがないと言えばそれまでだが。Oリングは外側がすり減っていた。11年間首を振り回された水栓だから、あちこちすり減るのは当然。

今回使用した工具。+ドライバーと名前が解らないが口が大きくできるプライヤー。中に写っているのは、Oリングを外すためにドライバー先端を交換するマイナスドライバーであり特に必要と言う訳ではない。

HOME