LEDランタン

 百均のすぐれもの。 単三電池4本仕様、スライドスイッチ付き。 カラーいろいろ。 スタンド付きで照射角度調整ができる。 早速カバーを外して中の反射板を取り除きLEDを取り付けると、キャンプ用ランタンに早代わりだ。


 1本の抵抗に3本のLEDを並列配列。 LEDはヤフオクゲットのNSPW500。


こちら裏側。 クリプトン球をおさえている白いネジキャップに3mmのボルトを取り付けた。 ボルトは+給電可能であるが、−側は工作が出来ずに赤いコードで電池ケースと直結した。 貧乏百姓のへたなハンダ付けだが、ガマンして!。


 クリプトン球をLEDに改造。  外した電球がもったいないので、LED電球に加工してみた。 クリプトン球のガラスをパコンと割り、中に残ったものをドライバーでグリグリとってしまう。中に抵抗を入れて3個のLEDを取り付けた。 抵抗は1個でも良いが、タマ切れ対策のため、120Ωの抵抗をそれぞれのLEDに取り付けた。 明るいとは言いがたいが、発光時間が莫大だ。


 付録 単四電池を単三電池として使えるアダプター。 百均で外径12mm、厚さ0.3mmのステンレス管をゲット。   単四電池がすっぽり入る。 単三電池より短めにカット。 単四は単三よりは6mm程足りない。 管に入るナットを見つけて中にハンダを流し込んだ。 ガスバーナーでナットを暖めてハンダを溶かし込む。一瞬だ。 あとは管の中に固定するだけだが、接着剤やハンダはステンレスが嫌いなようだ。 そこで、ナットの横をドリルでへこまして、管外側からポンチを打ち付ける。 最後に管外側にビニールテープを巻いて、単三と同じ14mmに仕上げれば出来上がり。

HOME