治療方針について

無痛治療用

無痛治療を目指しています

無痛治療を行うために、歯ぐきの表面にまず表面麻酔を塗りその後に注射麻酔を行う2ステップを行うようにしています。

さらに最も麻酔が効きにくいといわれている下あごの奥歯の部分は、特に丁寧に麻酔を行い、麻酔のしみこむ速度を計算してゆっくり麻酔をするように心がけています。こうすることによって、下の奥歯でも無痛の治療ができるようになります。

治療期間は柔軟に対応します

人によっては時間的制約があり、何度も治療を行うことが無理な時期があります。そんな時は遠慮なくご相談ください。状況に合わせた治療のゴールを設定することも可能です。

できるだけ歯の神経を残します

歯の神経は、歯に栄養分を送る唯一の組織です。しかし深い虫歯があると細菌が入り込んで炎症を起こすためひどい痛みが起こります。明らかに残すことができない神経ではなく、症状軽度で患者さんの理解が得られれば、虫歯の治療で神経が露出しても神経を保存するように心がけています。もし痛みが再発するようであれば、その際にあらためて神経を抜く2段階方式にすることで、残せる神経まで抜いてしまうことを防ぎます。

わかりやすい説明を心がけます

治療に関しての説明は、一般的には専門用語が多くわかりにくいですが、できるだけ簡単にわかりやすい解説を心がけています。