歯ぐきの腫れ


親知らず

親知らずは、虫歯の痛みよりも腫れてしまうことが多いようです。親知らずの周囲の歯ぐきの隙間にプラークや食べかすなどが挟まっていることがほとんどです。歯ブラシなどでも取れないことが多いため、歯科医院での洗浄などが有効です。腫れがひどくなると入院治療が必要になることもあるので、早めに落ち着かせることが大切です。まずは状態を確認して炎症を落ち使えることを最優先にして、そのあとで抜歯するかどうかを判断します。


歯周病

歯周病で歯ぐきが腫れてしまうと、歯がぐらぐらしてしまうことが多くなります。歯ぐきの炎症で歯が浮いてしまうためです。こうなると歯科医院で歯のかみ合わせ調整を行わなければ、歯磨きを一生懸命に行っても、炎症の落ち着きが悪いことがあります。

歯周病は、年齢とともに進行しているケースが目立ちます。小さな症状のうちにしっかりと治療してしまうことが大切です。


歯ぐきのおでき

歯ぐきにおできのようなふくらみがありませんか? 歯ぐきのおできは表面的な問題ではなく、実はおできの下の歯ぐきやその奥の骨、さらにその奥の歯の根に原因があることがほとんどです。おできは大きくなったり小さくなったりを繰り返しますが、治療を行わなければ完全に治すことができません。

痛みもないので放置しがちですが、歯の根の治療を行うことで治すことも可能となります。なかなか治らない歯ぐきのおできが気になる場合はお気軽にご相談ください。