虫歯の治療

早期発見、早期治療が原則です。ここでは特に気を使って治療してところを説明します。


無痛治療

一般的に歯ぐきに麻酔液を進入させて、骨の内部に浸透させて歯に麻酔をかけます。麻酔針を歯ぐきに刺すのはこのためです。歯ぐきの表面に塗るタイプの麻酔を行って表面を麻痺させます。さらに使用する麻酔針は、歯科用のもっとも細い極細の針で行います。液の注入速度は、最適にコントロールされる電動タイプの器具で行っています。

手動式では量が多めになったり、下あごの奥歯の麻酔は麻酔が効きにくいのですが、このシステムを利用することにより、最小限の液量で最大限の麻酔効果が得られるようになりました。

樹脂の色

小さな虫歯は、光を当てて固めるタイプのレジンと呼ばれる樹脂で虫歯の穴をふさぎます。前歯など特に目立つ部分は、色に関して数種類の色を準備しています。極端な色でなければ目立たないようにつめることが可能です。

歯の神経をできるだけ残す

大きな虫歯になると、歯の神経を抜く必要がありますが、痛みがそれほどなかった虫歯に関しては、大きな虫歯でも神経を残すようにしています。残せる可能性が少しでもあるようであれば、いきなり神経を抜くことはせず、一度つめた後次回までに痛みが出るようであれば、そのとき神経を取る2段階式で、神経の取りすぎを防いでいます。

根本原因の修正

同じように歯が並んでいるのに、その歯だけ虫歯になったのか、そんな 疑問を持ったことはありませんか? どんなにがんばっても1本だけ磨きをおろそかにすることなんてできません。これは歯にかかる負荷、つまり噛みあわせの力が異なっていることが多いのです。さらに歯並びが悪い部分が虫歯になりやすいこともあります。虫歯を削って詰めるだけでは再発することもあります。本当に問題を起こしたところを修正することで、治療後の再発を防げるようになります。

薬剤で虫歯だけを取り除く

深い虫歯の歯の神経を残す場合、ドリルのようなものでは削れ過ぎてしまうことがあります。またドリルの直径よりも小さい虫歯が取り残されてしまうこともあります。このような場合にはやわらかく脱灰してしまった象牙質だけを薬剤を利用することによって除去することができます。虫歯が溶ける量はわずかですが、虫歯を細菌と考えると象牙質の繊維の中に入り込んだ細菌を薬剤によって消毒ことによって虫歯菌の働きをなくすイメージです。これにより神経を抜かずに回復するケースが多くなっています。