小児歯科

子どもは大人のようにあまり歯周病の心配はしなくてもすみますが、歯が柔らかいため、虫歯には注意が必要です。


虫歯菌を初期感染させない

生まれてきた赤ちゃんには、虫歯菌が存在していません。必ず誰かからの虫歯菌の感染が起こっているのです。最近では食べ物の口移しはほとんど見られませんが、スプーンやホークの使いまわしあたりから、感染が広がってしまうので注意が必要です。

フッ素で虫歯予防

子どもが小さいうちは、うがいが上手にできないため、フッ素入りの歯磨き粉などは使用せず、濃度の薄い液体やジェルなどを利用するようにしましょう。歯科医院でのフッ素塗布は、濃度が濃いために、効果が高いのでオススメです。乳歯や永久歯が生えてきたときが一番柔らかい状態なので、フッ素効果はこの時期が最大になります。

治療は小さい虫歯のうちがベスト

小さな虫歯のうちに、器具を口に入れる練習した子どもは、、その後の虫歯治療もスムーズにできることが多いようです。大きな虫歯になってから治療すると本人の不安感や、器具の操作の時間が長くなってしまうので大変です。さらに子どもにとって一番苦手なのは「麻酔注射」。虫歯が小さければ麻酔を使用せずに治療することが可能です。

乳歯の抜歯

小児歯科ではメジャーな処置です。6歳を過ぎると次第に歯が生え変わってきます。永久歯が下からきちんと生えてこないような場合は、自分で乳歯を抜歯することが難しくなります。こんなときは麻酔をして痛みのないようにしてから抜歯する必要があります。さらに乳歯の前歯は自分で抜歯できても、乳歯奥歯は、断面積が大きいためになかなか自分でとれずに苦労することになります。乳歯奥歯の抜歯は、歯科医院で行うのがオススメです。

治療はゆっくり行います

子どもとの信頼関係ができると麻酔を含むどんな治療でも受け入れてくれます。そのためコミュニケーションを大切にしています。 どうしても治療ができない場合には、できるところまでの最善の虫歯の進行予防の薬を塗布します。