ダイニング&カフェ ララでは日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップスでも演奏されている土田英順さんをお迎えし、ララで 8回目の「東日本大震災復興支援チャリティ・チェロ・コンサート」を開催いたします。

土田英順さんは、東日本大震災被災直後の2011年3月29日に第1回チャリティ コンサートを開かれ、翌年9月に初めて被災地へ行かれ、その時に被災したチェロを譲り受けて、そのチェロを修復してコンサートで演奏されています。

今回のチャリティ コンサートは通算371回目となり、コンサートの都度、毎回ご支援いただいている「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」は被災地復興のために使われています。

当日入場料は無料ですが、会場に募金箱を用意させていただきますので、ご来場の皆様からの温かいお志をお願いいたします。
出演:土田 英順 (チェロ演奏)、末澤 香(朗読)

日時:平成29年10月8日(日)
    午後1時30分開場、2時開演

 当日、お食事等をご希望の方は、事前にご予約の上、
 遅くとも午後1時までにご来店ください。

 また、お食事が不要なお客様も、お席と駐車場に限りが
 ございますので、ご参加ご希望の方は、事前にララまで
 お問い合わせください。

場所:ダイニング&カフェ ララ
   札幌市清田区平岡公園東1丁目12-27
   電話・FAX 011-882-8875

当チャリティコンサートのちらしは こちら から。

〜土田英順さんのプロフィール〜

日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。 ボストン響およびボストン・ポップスでも演奏。現在は、ソリストとして活躍され、年間 何本ものコンサートスケジュールをこなされている。

東日本大震災被災直後から道内外各地で開催している「東日本大震災チャリティ コンサート」は 370回にも及び、一昨年、この業績を讃え、平成27年度 札幌芸術賞・札幌文化奨励賞を受賞されました。

被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、持ち主の友人達の思いによって、ボロボロになったチェロを譲り受け、見事に蘇らせた。チェロの音色が天国まで届く事を願いながら、今日(こんにち)も被災したチェロを奏でている。

また、2012年12月、自ら「東日本大震災支援 じいたん子ども基金」を開設し、基金は被災地の子供達のために使われている。この活動の様子は、土田英順さんのブログ「土田英順のボストンバッグにチェロと酒」をご覧下さい。