スタッフ紹介
line 親子孫の三代でこのお店をオープンしました。
 ララのオープンは、お店の設計から、メニューの選定まで、料理長トシ子さんが行いました。調理器具・厨房用品の選定から始まり、メニューの選定、材料の買出しと仕込みまで、毎日忙しい毎日が続きます。

 2004年1月15日のお店のオープンの前日、何年かぶりの大雪に見舞われ、オープンの準備に追われる中、お店の駐車場の除雪もままならぬ中、記念すべきオープンの日を迎えました。(頼み(?)の夫も丁度出張と重なり不在・・・)

 また、スィーツ部門は東京に住んでいた姪の恵美ちゃんに年末までに札幌に来てもらい、開店準備も手伝ってもらおうと考えていましたが、東京での仕事が年末ギリギリまで続き、結局札幌に来れたのは、オープン直前の1月になってからでした。

 そんな中、昨夏から札幌に来ていたミチお婆ちゃんが、お店のオープンにとっても力になってくれました。

100年の年季物の茶釜
 お店の掃除に始まり、ガラス食器類を磨いたり、お花を生けたりしてくれました。そして、それ以上にびっくりしたのは、東京でお店をやっていたこともあり、オープン後の接客に思わぬ(失礼!)力を発揮してくれました。

 開店直後から料理長のトシ子さんは料理を作るのに忙しく、中々接客ができませんでしたが、お婆ちゃんはお客様に料理の説明をしたり、お話相手になったりしくれて、大いに助かりました。

 特に、お婆ちゃんが大事に持っていた100年の年季物の茶釜のお湯で沸かしたお茶は、大変好評でした。
2004.12.20 店主 徹

line

トシ子画像 料理長のトシ子です。

『ごく身近な素材で家族に出す栄養バランスの取れたメニューを!』
という気持ちで、毎日日替わりランチを作っています。

ララの食事で、心も身体も ビタミン"愛" でいっぱい!

line

店主とトシ子の写真 マスターの徹とトシ子です。

木のかおり豊かな店内で、身体に優しいお料理とゆったりとした時をお過ごしください。

コーヒーは一杯ずつ、サイフォンで炒れています。
line