「新日鐵釜石ラグビー部日本選手権優勝パレード」







優勝パレードの模様は、残念ながら写真では撮っていませんでしたが、私が撮った8ミリフイルムが残っていました。
昭和57年(1982)1月のV4の時のフイルムです。
8ミリフイルムは全体幅が8ミリからきていますが、画面の幅はなんと6ミリ。
6ミリからの複写なので画像は良くありませんが、当時の釜石の熱気をお楽しみ下さい。


ラグビー日本一、4年連続5回目の瞬間のテレビ映像。
昭和57年1月15日、当時は成人式の日に決勝が行なわれました。
NHKさん複写してごめんなさい。


釜石駅前には選手の到着を待つ市民が大勢駆けつけました。
歩道橋の上から撮影しましたが、当時の私には人前に出て写真を撮る勇気はありませんでした。


釜石駅前に降り立つV4戦士の面々。
8ミリばかりでは無く、写真でも撮っておけばよかったですね。
撮っていれば永遠の宝となりました。


釜石駅前は続々と市民が駆けつけ、優勝の快挙に釜石市民も大喜び。
釜石だけではなく岩手、東北の人たちを勇気づけました。
当時東北は東京などの都会に比べかなり下に見られていましたから。


パトカーの先導でパレードの車列は大町新華園前を通過。
左には丸光デパート、中央には釜石化成ビル、遠くには新日鐵の工場や煙突も見えています。
私が勤めていた大町のホテルサンルート3階から、8ミリカメラで撮影しました。
この時だけは総支配人を始め私たちホテルスタッフも仕事をさぼって応援したものでした。
女子スタッフは、紙吹雪を作る役目でした。


選手が乗った車が通過するとアーケードの上からは紙吹雪やテープが舞い、興奮の余り駆け寄る市民も多かったです。
大町の新華園隣の前田瑞光堂前(現在の天賞堂前)。


大町の太田分房堂付近でも駆け寄る市民が・・・。


紅白の幕で飾った旭輸送のトラック荷台には吹奏楽団が便乗、パレードを盛り上げました。


やはり一番の人気は松尾選手の乗ったオープンカーか?。
大町の松節庵前。


大町の高千代酒店前付近。


紙吹雪舞う中進むパレードの車列。
パレードの後は紙吹雪で道路が白くなりました。
大町のパチンコバンバン・車門前(当時)。


ぞろぞろと選手の後を追う多くの市民。
現在のベイシティー・大町ローソン前。


選手の乗った車には惜しみない拍手が延々と送られました。
駆け寄る市民の姿も・・・。


サンルート3階には職場を放棄した私達ホテルマンも声援を送り、紙吹雪やテープを投げ込みました。
大町青葉通り交差点付近から大渡に向かう車列。
左の空き地は釜石郵便局の跡地で、その隣オレンジ色の建物は岩手銀行釜石支店です。


岩手銀行釜石支店に差し掛かる車列。


アーケードの上にも紙吹雪やテープを投げる係の人もいて、釜石の町は大賑わい。
釜石が本当に熱く燃えた一日でした。


主力選手たちが乗ったオープンカーは、大町の丸光前に差し掛かっています。
釜石を愛する全国の皆さん、昔の釜石の写真で元気になれましたか?。
本当は近くから写真でも撮れれば良かったと思いますが、当時は写真もあまりやらず、「記録」という事に全く興味がありませんでした。
今思うと、そのことが残念です。
以上、画像が悪くて申し訳ございませんでした。
でもぼんやりしてるのもいいですよね!。
何事にも・・・。


               トップページに戻る