「釜石便り」  2019年 5月

                                      ※写真の無断転載を禁じます。


釜石の新緑(5/11)

今日も釜石は晴れています。
10日の釜石は気温が今年最高の26℃もありましたが、今日は海風が入り、少し涼しい気温となっています。
5月の連休も終わり、今釜石は新緑がきれいな季節となりました。

例年桜の撮影が終わると、次は新緑の撮影に入ります。
私のやっているライブラリーの仕事柄、毎年新緑の頃から景勝地や釜石市街地を撮っていますが、特に今年は令和となって初の新緑の写真となるだけに、撮っておきたいところはすべて回る予定で忙しく動き回っています。
春の連休以降はいつもこんな感じで、休みという感覚もなく過ごしています。

私事ですが、連休中はテレビドラマをよく見ました。
中島みゆきの主題曲も内容もいい「やすらぎの刻」、終わってしまいましたが山田太一原作の岩下志麻、山崎努、鶴見慎吾の「早春スケッチ」、そして「おしん」です。
おしんは放送当時は見ていなくて、再放送で何度も見た本当に名作です。
小林綾子と盛岡出身の長岡輝子の名演技は何度見ても涙の出る感動ものです。
私の場合、歌やドラマから撮影のヒントをもらったりもしています。


4/29は旧国道と大平墓地公園へ


4/29は旧国道の新緑を撮りに行ってきました。
冬の間、旧国道は私のダイエットウォーキングコースとなっていますが、私の子供の頃からの懐かしの道でもあります。
紅葉時期もきれいですが、新緑もまたきれいな所です。

私の愛車も早いもので今年で10年目、運よく津波にも遭わなかったものの、撮影などで悪路を相当走ったので、そろそろとは思いながらも、やはり先立つものが・・・。
旧国道に愛車を止めて記念に!。


山の上から見た旧国道の新緑です。
黄緑、緑、萌黄色、黄色、オレンジ、白など、緑一色になる前が色の変化も楽しめて本当にきれいです。
この旧国道の新緑モザイク模様、もしかすると釜石で一番きれいかも?。

この山の背後は鈴子で、この森の中にうっすら道路も見えています。
旧国道は大渡町の八幡様から鳥ヶ澤隧道、女遊部(おなつぺ)を通り、両石町水海(みずうみ)までつながっています。
かつての国道45号ですが、今は走る車もほとんどなく、ウォーキングコースとして高齢者の方々などもよく歩いています。


4/29は大平墓地公園にも行ってみました。
山桜も咲いていて、展望台からは青い海と大観音がきれいでした。
新緑にはちょっと早かったです。


山桜と大観音の組み合わせを撮りたくて大平墓地公園を徘徊・ロケハン。
この日は快晴で、リフレッシュもできました。


大平墓地公園は散歩コースにも最適です。
赤い屋根は鉄の歴史館です。


赤い葉と鉄の歴史館です。


大平墓地公園からは平田の町もよく見えます。
かさ上げなどの復興工事はすでに終わっていますが、もっと住宅が建って活気ある平田になってもらいたいものです。
山の中腹に見える建物は、かつての釜石商業があった所に建てられた平田の復興住宅です。


大平墓地公園の帰り道、連休で混む魚河岸テラスを見学!。
この日も行列があり、駐車場も満車で、魚市場の方まで車がありました。
魚市場からはガントリークレーンと貨物船、山桜と大観音が見えました。(写真)


大町にある釜石ラーメンの元祖、新華園本店です。(4/29)
2時頃でもまだこの行列です。
街なかのにぎわい創出に頼もしい限りです。


5/2は鳥ヶ澤山頂へ


5/2は千鳥町の鳥ヶ澤山頂に登りました。
鳥ヶ澤隧道付近から登り、尾根道を一度駒木側に寄り道をして、鈴子・中妻・上中島市街地を撮りました。
残念ながらこの日は次第に雲が多くなり、空が白くなってしまったので、もう少し緑が進んだ快晴日に再撮影です。
天気予報は晴れマークずらりでしたが・・・。


左の橋は五の橋、手前側に見える学校は釜石中学校です。
西部市街地の右側(昭和園跡地)に釜石警察署の新庁舎も見えています。
中央奥の高層階の建物は、復興住宅群とマンションです。


これまでの警察庁舎とは違う外観の釜石警察署と沿岸運転免許センターの新庁舎です。
縦横の高速道路もできたことから、高速道路高速警察隊釜石分駐隊も新設されました。
建物はまるで研究施設のような立派さです。
あとは舗装などの敷地整備を残すだけの様です。


尾根道を引き返し、また山登りをして鳥ヶ澤山頂へ到着です。
これが令和を迎えた新緑の釜石市街地です。
もう少し緑が進んだ頃にもう1回登るつもりですが、火力発電所が稼働し、貨物船も着岸してくれると最高ですが・・・。。
広大な緑に囲まれ、川が流れ、きれいな海もある山の上から見る釜石市街地、本当にきれいだと思います。


5/3はTETTO周辺の賑わいを撮りに


5/3の大町交差点付近です。
この日はイオンタウンに隣接した釜石TETTOで、「OH!MACHI MUSIC FESTA 2019」も行われていて、街なかも賑わいました。
新華園に並ぶ行列も恒例となりましたが、やはり街なかが賑わうのはいいものです。


左はミッフィーカフェ(情報交流センター)と釜石市民ホールTETTO、右のオレンジ色のビルはかつてのふじたやです。
昔は左にインテリア中川屋、そして丸光デパートなどがあった大町ですが、賑わってほしいものです。


ミッフィーカフェです。
普段でも県外ナンバーの車が止まったり、建物の前で写真を撮ったりする光景がよく見られます。
この日はイベントもあり、いつもより人通りが多かった大町です。


TETTO側から見えるミッフィーカフェと大町商店街です。


釜石市民ホールTETTOです。
大渡側から撮りました。
イオンタウンやTETTOなどができてからというもの、人通りも多くなり、こちらまで嬉しくなります。


5/5は新緑の釜石を撮りに


5/5は少し霞がちでしたが、雲一つない快晴でした。
すっきりとした快晴を待っていると緑がどんどん濃くなるので、この日も新緑の釜石の撮影へ!。

写真は旧国道から見える大渡川と釜石駅構内、そして製鉄所です。


次は新浜町から新緑の大観音を。
釜石大観音は今年の4月で建立50周年を迎えました。
大観音は釜石のシンボルです。


新浜町の山から釜石港と釜石市街地。
只越のポンプ場ができて初めて迎える新緑です。
ポンプ場は、中心市街地が大雨で浸水するのを防ぐ排水施設で、水色の全天候バース左側に小さく見えるクリーム色の建物です。


大平墓地公園展望台からの風景です。
左は釜石商工と大平中学校、釜石市営プール、そして右には釜石のランドマーク・大観音です。
釜石工業と釜石商業が統合となった釜石商工高校は、今年創立10周年との事です。
海も見れる、ここからの眺めは最高です。


薬師公園から釜石市街地。
真ん中の黒い建物は、釜石市民ホールTETTOです。
毎年この場所から定点撮影していますが、去年と変わった所は、イオンタウンの裏手にサンデー港町店ができました。
そして中央下には大町2丁目ローソンもできました。


5/8は新緑の仙人峠へ


市街地を取り巻く山々の新緑が少し進んだ頃、仙人峠も新緑のきれいな季節を迎えます。
仙人峠へは5/2(早すぎ)、5/6(霞あり)、そして5/8の3回通いました。
写真は5/8の仙人峠ですが、左手の山桜も咲き、この日が一番きれいだったようです。


もう1カ所の撮影場所、ヘアピンカーブが見える所からも山桜と赤い仙人大橋が一緒に撮れます。
仙人峠は昔から釜石の観光名所となっていますが、紅葉時期だけではなく、むしろ新緑の美しさをPRしたいものです。
まさに新緑のジュータンのようです。


こちらは山の中から撮った仙人峠です。
斜めに横切る山ひだの美しさ、山桜も所々に咲く新緑の山肌、赤いアーチ橋、そして高低差のある峠とヘアピンカーブ、これが仙人峠です。
モザイク模様のように新緑の色がさまざまな峠も、この後1日ごとに緑が濃くなり、1週間以内で緑一色の平凡な風景になってしまいます。

この絶景、写真を撮りに訪れる人もなく、車も時々通るだけです。
今は静かな仙人峠ですが、昔は内陸と沿岸をつなぐ大動脈でした。


                     トップページに戻る