「釜石便り」    2022年 10月

                                               ※写真の無断転載を禁じます。


仙人峠の紅葉(10/21)

今日の釜石は晴れていますが薄雲が広がっています。
気温は高めで、少し暑いくらいの釜石です。

今日は久しぶりに仙人峠の紅葉を見に行ってきました。
仙人峠の新緑の方は去年まで毎年撮りに行っていましたが、紅葉の方は2018年以来でした。
仙人峠の紅葉はまだ緑が多く、見頃は来週半ばといったところでしょうか?。


まだ緑が多い10/21の仙人峠。
見頃は25日以降でしょうか?。
ただ、これから紅葉時季だというのに工事ヵ所が多く、少々気がかりな紅葉下見となりました。


釜石まつり(10/20)

今日の釜石は青空のいい天気です。
このところ、日中は日当たりは暖かいのですが日陰が涼しく、朝晩はめっきり涼しくなりました。

今月15日、16日と3年ぶりに釜石まつり(15日曳き船まつり・16日神輿渡御)が行われました。
曳き船まつりの方は2019年に大雨予報の為に中止になったので、4年ぶりの開催となりました。

釜石まつりが終わると、山や峠の方では紅葉の見ごろが始まります。


10月15日の土曜日、釜石港で曳き船まつりが行われました。
尾崎半島の青出し浜にある尾崎神社奥宮から御神体を乗せて里宮(浜町)へ。
大漁旗を掲げた船がお供します。


虎舞や神楽などの郷土芸能を披露しながら、釜石魚市場周辺を回ります。
写真は只越虎舞ですが、いつも大漁旗をたくさん掲げてくれるので、とても絵になります。


平田虎舞です。
虎が密集して舞ってくれるので写真向きです。
背景は新しくなった釜石魚市場です。


船上で勇ましく踊る虎舞は、釜石ならではです。


御神体を乗せた神輿が陸に上がった所です。
ここも華やかでとても絵になります。

この日の天気は曇りのち晴れで、まずまずの天気でした。
(私的にはもっと青空になって海が青くなってもらいたいところでしたが・・・)


10月16日の日曜日は釜石まつりの神輿渡御でした。
写真は大渡に入ってくる神輿渡御の先頭集団です。
これから始まる釜石まつりに、いつもここから緊張してしまいます。


郷土芸能団体は、年行司太神楽、八雲神楽、平田神楽、東前太神楽などの順番で市内に入ってきました。
大渡の表通りを流す行列ですが、もっと舞いながら行進してもらいたいものです。
大町ではしっかり踊ってくれますが、保険的に見物客の少ない大渡で撮れるものは撮っておきます。


東前太神楽です。
今年は楽しみにしていた七福神の子供たちの出番はありませんでした。


山神社のヘッドマークがまぶしい小川しし踊りです。
マスクが時代を反映しています。


大町の青葉通り交差点付近の釜石まつりの賑わいです。
虎舞は錦町虎舞です。
昔に比べたら見物人は少なくなりましたが、これも釜石の記録です。


尾崎神社(右)と山神社(左)両神輿です。
今年は自分の立ち位置が悪かったのか?、なかなか両神輿が近づく写真はあまり撮れませんでした。
今年の尾崎神社は、六角大神輿の出番なしで残念でした。


市内を練り歩いた後は釜石魚市場での還御式でしたが、今年は簡素化で式はありませんでした。
太鼓と笛の音、はやし立てる虎頭、そこに神輿が入るシーン、私の好きな光景です。
写真は製鉄所の山神社神輿ですが、尾崎神社神輿はこの後お召船に乗せられ、青出し浜の奥宮へ帰還です。

昔は釜石まつりと仙人峠の紅葉時季がほぼ同じでしたが、温暖化の影響か?、最近の仙人の紅葉は10月下旬になりました。

お願い

私の祭りの写真を無断でHPに使用している事案がまたありました。
他人の画像を無断で使用することは違法ですので、ご協力をお願いします。


釜石の風景(10/9)

今日の釜石は晴れのいい天気です。
このところあまりいい天気が続かなかった釜石ですが、さわやかな秋空が広がっています。

私事ですが、撮影の仕事の方は少なかったのですが、連日のように写真のセレクトと画像処理を行っています。
去年の11月から始めた写真整理の甲斐もあって、春先から急に写真の貸出と買取りが増えてきました。
まさかほぼ1年間写真の整理をするとは思いませんでしたが、好きで選んだこの仕事なので、写真を見て独り反省会をしながら、もう少し頑張りたいと思います。
今月15日は曳き船まつり、16日は神輿渡御があります。


9月中旬から始めた愛の浜の朝焼け・日の出撮影も、きれいな朝焼けに恵まれずにいたのですが、9/27はまずまずの朝焼けに恵まれました。
この日着いた時には空の様子もさっぱりで、雲がない青味のある寂しい朝の空でした。
ところが日の出の10分くらい前から雲が張り出してきて、きれいな朝焼けとなりました。

欲を言えばもう少し左側で焼けてくれれば良かったのですが、まずはこのくらいで納得です。
日の出位置はすでに岬の裏側になっていて、日の出撮影の時期はほぼ終わりでした。


9/30は釜鉄南桟橋に大型船と中型船が入港したので、浜町より鳥谷坂を登り、山の上から釜石港を撮りました。
この日はもやがあり、すっきりと澄んだ秋空ではありませんでしたが、賑わう釜石港の様子、記録として撮っておきたい思っています。


10/2は公共埠頭にコンテナ船が入港。
南桟橋の石炭を積んで来た大型貨物船はすでに釜石港を離れ、この日はコンテナ船と中型船の2隻でした。
なかなか3隻そろい踏みの写真は撮れないものです。


トップページの写真は釜石まつりの神輿渡御で、大渡に入ってくる東前太神楽七福神の子供たちです。
 

             
トップページに戻る